ファンが球団に『期待』するためには (やや長文)

オープン戦終了。
怪我人やら不調やらあるようですが、もうまな板の上の鯉です。
泣いても喚いてもあと数日で開幕。泣き喚かないですが。

開幕を「船出」と称したのはあのトニー・フェルナンデス (2000年在籍)。
一緒に船旅を楽しんでまいりましょう。ボン・ボヤージでヨーソロー。



オープン戦、観客少なかったですね!
500ポイントで大抵の席に入れたのに、内野部分はガラッガラでした。
開幕シリーズのチケットも大人気とはいえない状況の模様。
今年は観客動員で早くも苦戦しそうです。

ネットやリアルの球場友人は数年以上の付き合いの方が多いのですが、
皆さんかなり今年のライオンズにシビアな意見をお持ちのようです。
かく言うあっしも、期待と熱意で今年のライオンズを迎えることができないでおります。

これってなぜなんだろう?としばらく考えてみました。結論として、
あっしは 「ライオンズに優勝してほしい」 のではなく、
「ライオンズに期待したい」 のだという結論に至りましたよ。



『期待』 とは、「良くなり続けているのを実感できること」 だと思っています。

今はダメでウンコでドベでも、「良くなり続けている」 のであれば、
いつかはベターになってベストになって最高になってイヤッハァになれる。
実際に「良くなり続けている」ことがまず重要です。

さらにそれを「実感できること」が『期待』 なのだと思っています。

良くなり続けていなければ『期待』は持てないですし、
良くなり続けていても実感できなければ 『期待』 はできません。

これが正しいかどうかは知りませんが、
そんなに世の中の『期待』の認識と食い違っているとは思っていません。


ははーん64の野郎、「ライオンズが良くなり続けているのを実感できない」と
言いたいんだな、と思ったあなた。
あんこの味噌煮のように甘い。甘ッ甘です。
ライオンズは良くなり続けています。 それを実感もできます。
細かい例は挙げないですが、愛する球団の良さを見落とすほど落ちぶれちゃおりません。

ただ、ライオンズについては、ファンから見える「良くなる」の角度が小さいと思っています。
なんだ角度が小さいって。


パリーグには6つの球団があります。皆さんご存知ですね。
それぞれが、良くなり続けています。
ペナントレースはこれらの球団の競争なのですから、
他球団よりも『より良くなっているチームが、より上位に』行きます。
いや、『より良くなっているように見えるチームに、期待が持てます』。

さらに既にある程度の強さになっている球団も、
3年連続Bクラスのライオンズのようなチームもあるわけですから、
スタート地点が既に違うわけです。

弱小球団のライオンズがペナントレースで強豪球団と競うにあたって、
ライオンズファンがライオンズに『期待』するためには、
『ライオンズが他球団よりも急激に、見違えるように良くなっている事を実感できること』
が必要なのです。
ドーンと良い方向に向かう、垂直方向に伸びるベクトル。その角度の大きさ。
あっしは、これが今のライオンズにはないと思っています。

たとえばホークスやファイターズが年間10良くなるとしたら、
ライオンズは40とか50とか良くならないと、彼らに並んでいけないのです。
いや単位は知りませんが。


ところがホークスやファイターズは、強豪球団にも関わらず、
これらの「良くなっている」 イメージをガンガンアピールしています。
3軍制、豪華なファーム施設、二軍球場改装、選手寮改築 などなど
あっしのようなズブの素人でも
「こういうことをやってりゃ強い球団になるだろうなあ」
というアピールを、ガンガンかましてきます。
実際のところ、これで球団が強くなるのか分かりません。正直興味もありません。
「良くなっているイメージ」を強力にアピールできていること、そこがミソなのです。

かたやライオンズは西武第二球場も選手寮もボロッボロ、
3軍どころか2軍の選手が足りなくなって、本来の守備位置以外で守る選手が
毎年のように出ています。 こんな状況下で、どうして
『ライオンズが他球団よりも急激に、見違えるように良くなっている事を実感』
できるでしょうか。


上位球団との差が無ければ、このあたりの懸念は小さかったんです。
少なくとも CS争いには定期的に加わっていた頃には、気にもなりませんでした。

ただ3年連続Bクラス、CS争いに絡む気配もなし、という年が続けば続くほど、
弱小ライオンズに要求される 『期待』のハードルは上がっていきます。
『もうとんでもないレベルで球団が良くなって行かない限り、上位球団に追いつけない!』
と思うようになるのです。
去年は他球団が10良くなっているのに対して20良くなればよかったのが、
今年は30良くならなければならくなって、
来年は50・・・さ来年は70・・・ と負債が溜まるように見えるのです。
これが溜まり続けると、ファンは球団に 『期待』できなくなります。

今のライオンズに対するファンの冷ややかな視線の正体は、コレではないかと思うのです。


仮に今年、優勝して日本一になったとしましょう。おめでたいことです。
あっしも大喜びのバカ騒ぎです。

ただし、ペナントレースにはフロックもあります。
偶然色々な要素が良い方向にカチッとハマって優勝、ということはあるのです。

「球団を良くする」を積み重ねていない上での優勝に、どんな価値があるでしょう。
翌年にはまた弱小ライオンズに舞い戻ります。まぐれは続きません。

あっしは、まぐれで優勝するくらいなら、
しっかりと球団を「良くして行った結果として」の6年間2位の方がマシだと思うのです。
その間、心から球団に 『期待』 できるからです。



じゃあどうするんだ、というお話ですが:

もっともっと、ライオンズファンに『期待』できる情報を流してほしいなあと。

実際のところ、ライオンズもあれこれと試行錯誤を繰り返しているでしょう。
それがファンに見えていないだけだと思うんです。
その多くを、ファンの『期待』に繋がるように情報公開して欲しいと思うんです。

●●選手がスゴい、とか△△イベントだ! とかの一過性の情報ではなく、
数年にわたって球団の血肉となるような、地に足の着いた情報を。
選手寮改装や、練習施設の一新なんてのはその第一歩になるはず。

その積み重ねが、ファンの『期待』になって観客を呼ぶんだと思うんです。
今までのライオンズは、そのあたりをあまりに軽視しすぎていると思うのですよ。

マスコミにばかり良い話をして、ファンには良い話が流れてこないのも一因。
これはまた別の機会にやります。


今のライオンズファンは、ライオンズのこれからに『期待』できているのでしょうか。

今年は、ライオンズの一挙手一投足について
『それがファンの期待に繋がるのか』
という視線で見つめていこうと思っています。いやらしいな!
スポンサーサイト

メットライフドーム初日

球場名が「メットライフドーム」になってはじめてのオープン戦開催に行って来ましたよ。
Lビジョンがこんな感じになっていて、メットライフ感バリバリでした。

C62-oPNVAAArC3_.jpg

なおアフラックの看板もまだありました。



新・応援歌。14日と15日に続けて公開されるとの事。その1日目。
「新・Vのシナリオ」の短縮化と、新曲「Flag to Victory」。
「Flag to Victory」 は、チャンステーマではなくチャンスメイクをするシーンの応援歌とのこと。
たしか1アウト12塁で使っていました。


C62TQZqV4AA257g.jpg



外野野郎的には、カントンテーブルの営業終了にともない、
レフト外野の丼モノ屋台も営業終了。 アレもカントンテーブル運営でしたので。
中華料理獅子売店→カントンテーブル売店 と長年続いた
レフト外野席の丼物屋は2016年で終了。

代わりに、UCC の店舗が出来ていました。

C62M7anVAAAUXuk.jpg

売っていたのはホットドッグとソーセージ盛り。もちろんコーヒーも。
C62Od1FUwAEUY2U.jpg
C62Oe6iVwAEi87y.jpg
C62OgCvU8AIwydp.jpg

ノーマルなプレーンホットドッグを買ってみました。一号客だった模様。

C62OcYkU8AAC8_m.jpg

ロングロンガーなソーセージは、パキャッで肉汁ジュワッなアレ。
ボイルソーセージなので焼き目がないのは残念ですが、
焼き目をつけながらソーセージを割らずに焼くのは店頭ではムリ。

パンとソーセージだけ、あとはマスタードとケチャップのシンプルなホットドッグ。
ボリュームもあって、旨かったです。
ホットコーヒーのロングとセットで買うと、1000円でお釣り30円。
寒い時期のひとつのスタイルになるのかも。



グッズで目をひいたのは、プレーヤーズワッペン。

C62KOcsVoAAgvaA.jpg
C64UayXVoAAB8cn.jpg

まだ売ってますが、観ているそばからどんどん売れていきました。
お目当てのワッペンがある方は急いだほうが良さそう。
フラッグスとオンラインのみの販売で、ライオンズストアでの扱いはないみたいなので注意。



15日の応援歌は、だれかネットにアップしてくーださい。

2017年グッズ、始動。

いよいよ本拠地オープン戦開幕。
それに合わせて、新グッズを一斉に公表してきました。

このグッズ群、ネット界隈で見る限りかなり評判がいいようです。
あっしもいくつか狙っております。



まずはプレイヤーズアイテム選手追加
タオルに渡辺直人、多和田、山川、呉が加わりました。
ph_playergoods02.jpg
看板選手以外のグッズ展開はあまり積極的ではない我らがライオンズなのですが、
出すにしてもワンコインルーレットの景品だったりして、不愉快な感じだったんですよ。
ファンはケガや不調で全く応援に使えないリスクを承知の上で選手の応援タオルを買うのに、
球団は当然のようにリスク回避していて、なんだかイライラでした。
今回の動きは実にいいですよ!グレートですよ!

この4選手はライオンズファンの琴線に触れる選手ばかりのようで、
全部欲しい!的な意見をネット界隈で散見。
でもほぼ1軍に居る選手は全員揃えてほしいですタオル。
ライオンズの応援として定着するまで、あとちょっとです。

ウーイングはライオンズの公式応援ってことで、もういいですね!?

あとチケットホルダとワッペンも発売。
ph_playergoods05.jpg

特にワッペンは面白いです。
これ、切手みたいにアルバムに貼ってコレクションしたいです。
そうなると全選手分ほしくなります。あれ?



NEW ERA 新グッズも発売。第一弾だそうです。

注目はバックパック。
1059.jpg
キャップ収納があるとのこと。そんなバッグ初めて観た。
普通なんですかね?

28Lはちょっと大きすぎますしキャップ収納も別に要らないので
個人的にはやや見送りなのですが、ネット界隈ではかなりの好反応。
昨年のオーセンティックバッグ福袋も瞬殺されましたし、
コレも早々に売り切れるかもしれません。
10800円なりのモノなら普段使いにもできそうです。

発売は14日の本拠地オープン戦緒戦。



スローガングッズ発売。こちらも14日から。
Tシャツタオルと定番展開。

ロゴは近年では割といい方では。
ph_slogan03.jpg

オッサンが着て歩けるか、というと割りと考えちゃいますが
そんなことを言ったら大半のグッズがム
ライオンズ道を歩むあっしには普段使いOKの逸品。



2017年オフィシャルグッズも14日から早々に発売。
早く発売になるのは良い事ですハイ。
おまえら14日の本拠地オープン戦緒戦に来い!売ってやる!
という態度は大好きです。一生ついてきます。

とはいえ、2017年グッズのごく一部、という位置づけの模様。

対象グッズはライオンズストアオンラインに列挙されています。
個人的には「ポケットティッシュケース」「ライオンズハードカバーノート」あたりの
笑いも実用もない、よくわかんないグッズに魅かれております。

あと注目はワッペンセットの追加。金子、多和田、メヒアの3種類なのですが。
32.jpg
多和田。文字多すぎィ! お値段もワッペンだけで4500円。


33.jpg
メヒア。まさかのカタカナ。シュールです。
文字数は多和田の半分で、お値段も約半分の2310円。
フェアで公平な世界です。
オーセンティックは WU も CANDELARIO も同じ値段だけど




今年もグッズ展開楽しみにしてますぜ!
しっかりサイフ狙ってこいや!買う時ァドーンと買うぜ!

監督コーチファンの魂よ安らかなれ

WBC代表 (キューバ・中国) 戦、観てきました。
森の離脱は痛いですねー・・・
中国戦は月曜日中ということもあってガラガラでした。
相手チームの応援もなく、草野球の応援をしているような気分になりましたよ。



内・外野自由席シーズンチケット、結局買いました。
C6TtcJDU8AEI7Ua.jpg
全部のチケットに同じ番号が振られていて、さらに購入時に住所氏名記入アリ。
営利目的で転売すると簡単にアシがつく仕様。 グッジョブ。

買うときに枚数を数えたりはしないのですが、乱丁とかあったらどうするんだろう。



ピンバッチガチャの詳細発表

値段や方式などは変更なし。
ただし、ファンクラブ会員以外でも購入できるようになるようです。
ガチャ回す程度で会員証出すのが面倒だったのでGJ。
どうせこんなの買う人は全員FC会員だろ

シュリッター、本田、ガルセス、キャンデラリオ、源田、田代あたりの
注目新戦力が軒並み Bグループ (配布なし) です。
シーズン中のグループ移動は基本的にないので、
これらの選手が活躍したら色々とアレだったりレアだったりするでしょうなあ。
それも楽しいんですけどね。



アイロンシート発売
全選手レプリカユニを発売しましたが、アイロンシートも売るようです。
アイロンワッペンは売るんだろうか。



レプリカユニフォームで、監督・コーチの受付を開始
これまでの発表では、全選手レプリカユニは監督・コーチが対象外でした。
どうしても欲しい人はオーセンティックモデルを買うしかありませんでした。

というか仕方なくオーセンティックモデルを注文しちゃった方もいたのでは。
形だけでも 「ご要望にお応えして」 とか書いてあると、その方たちの魂も
安らいだ気がしないでもありませんがそうでもないかもしれません。

受け付けてもらえるのは大変ありがたいことです。



もう来週からメットライフドームで試合なんですよね。
いよいよ始まりますぞ。

沖縄開催のチケット先行発売

オープン戦開始。
早速連敗しましたが、活発な打撃陣を見ることができて一安心。
投手も主力級は大丈夫ですが、出てきて欲しい新戦力に不安な船出。

ただまあ投手力が課題なのは分かっていたことで、
その上でこのチームと1年お付き合いする所存でございます。
今年もよろしくどうぞ。



6/27-28 の沖縄開催チケットのFC先行予約が開始に。

どうやら沖縄開催は売り興行だったみたいで、主催が琉球放送(RBC) になっているようです。
つまりライオンズが開催権を売った試合、ということのようです。
売り興行の試合といえば、10年ほど前までは毎年長野での開催がありました。
また2010年の新潟の試合も売り興行だった気がするのですが、
こっちはちょっと自信ありません。
いずれにしても久しぶりな気がします。こっそりあったのかもしれませんけどね。

山川を始めとした沖縄出身選手の活躍をみて、「いっちょ沖縄で開催すっか!」と
ライオンズがハラを決めての沖縄開催ではなかったようです。そんなもんかやっぱり。

というわけでFC先行発売はあれど、FC先々行発売はナシ。
FC先行もいつものCNプレイガイドのアレではなく、
RBCチケット なるチケット販売サイトからの購入になりました。
チケットを買おうとした時点になっていきなり会員登録が必要、と表示されて
右往左往したファンも居ました。あっしもその一人。
また指定席では、先行発売ではvあまり良席が開放されなかったとの情報も。

そもそもライオンズが1塁側なのか3塁側なのかの表示も一切なく、
公開に関する詳細情報もないため、混乱はあったようです。
(ライオンズ、1塁側みたいですよ)

売り興行である以上ライオンズの問題は一切ないのですが、
ファンとしては右往左往してしまう先行発売でした。ポコペン。

プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking