公式LINEアカウント登場から垣間見える新時代の観戦

キャンプB班の選手コーチに大人気のインフルエンザB型にやられてました。
まあライオンズファンたるもの多少はね?



今年も去年のようなシーズンチケットが発売されます
「外野自由席シーズンチケット」。 内野自由席がなくなって、
名称が「内・外野自由席シーズンチケット」から変更になりました。
でもお値段据え置きの44000円。
まあ去年は値段分の価値がありましたので我慢しちゃう。



ライオンズの公式 LINE アカウントが登場し、
スマホを使用した完全チケットレスシステム
「Quick Ticket(スマホチケット)」と連携するようになるとのこと。

「Quick Ticket(スマホチケット)」利用時には、LINEアカウントから
試合情報やアナウンス、座席の位置などが通知されるとのこと。
なるほど便利そう! 楽しそう! やるなライオンズ。

でもこの仕組みは、LINE上の「友だち」として登録された球団アカウントとの
会話が通知 ON 設定されていてこそのサービス。
せっかく「友だち」登録した人々に対し、球団メールや公式Twitter程度の情報を
ダラダラ垂れ流していると、あっという間に通知設定は解除されてしまう事に。

ライオンズの公式 LINE アカウントはちょっと違う!
投稿があったらすぐに読まないと大損だ!
くらいの情報に限定して投稿して欲しい感じです。
できるできる期待しちゃう!

LINEスタンプは作らないんですかね?球団の。



口座振替FC会員が「ウインドブレーカー」 の一部サイズと 「レオクロック」 への
交換が一切行えないまま交換が終了してしまった件。

どうやら口座振替会員に、お詫びのチケット引換券が郵送されている模様です。

正直、問題の本質を全く理解していない対応に心底ガッカリしました。
ファンクラブ担当の方々は、自分たちがショービズの世界にいるなんて事は
ミジンコの体毛ほども思っていない様です。

もう今年のファンクラブは特に持ち上げたり期待したりしない様にします。
どうせ何をやっても今回のような対応なんでしょうから、
せいぜい今年は後、うちわ券が来ればラッキーくらいに思っていることにします。
とっとと責任者が代わって2019年のファンクラブにならないかなあ。
スポンサーサイト

40周年記念事業に明るい未来を見た

先日公開された、ライオンズの40周年記念事業。
特にメットライフドームエリアの改修計画については
度肝を抜かれた方々が多いんじゃないかと思います。

なんだっけそれ、という方々はこちらをご参照ください。 (PDF注意)
こちらの内容は承知されている (何となく、でも) という前提にて書き散らします。



まず内容ですが、(アタリマエですが) とてもとても好意的に見ています。
本当にこうなるの? あの球場が? ウソ!マジ!スゲエ!ウヒョウ! という感じです。

でも一番嬉しかったのは、西武HDがライオンズを今後も保有していくんだ、
しっかり投資していくんだという姿勢を見せてくれたこと。
ぶっちゃけ心のどこかで、その辺に不安を感じていました。
このあたりがクリアになったことは本当に嬉しいですし、
心から安心しました。フー。

選手寮と室内練習場の立替え、せいぜい第二球場のスタンド新設くらいしか
イメージしていなかったので、超ウルトラ嬉しい誤算という感じです。
あの広大な敷地をちゃんと生かす戦略を持っていたんだなあ、と。



ケチなんかつける余地もありませんが、気になる点は:

・駐車場が明らかに小さくなるけれど、別に新設するの?
・狭山スキー場が中央を分断する形だけど、これはこのまま?
 結構老朽化してるよね?
・若獅子寮の部屋数28は十分なの?
・暑さ対策が消極的すぎない?
・ネット裏VIPラウンジ、後ろのほうの席は試合観れないだろ
・もうチームカラー変えられないしペットマークもロゴマークも変えられないぞ

といった辺りでしょうか。
まあ大半は言ってる方も分かるくらい言いがかりですので、
もうただただ期待するだけです。

サンクスフェスタで、この件の展示ブースがあるそうです。
クッソどうでもいいチャンバラの時間 イベントの合間に必ず観にいくぞ!

40周年記念イベントはまた後日に。

松井稼頭央が帰ってきた!

松井稼頭央、ライオンズ復帰です。
もっとも球場に脚を運んでいた時期の主力選手で思い入れがあります。
思い入れがありすぎて、ちょっと中立的な視点ではコメントしにくいなあと思っています。

ほら、野球ファンって昔のことを知ってるのが偉いファン、みたいな
よくわからない文化があるじゃないですか。
実はそんなに思って無くてもポーズで
「松井稼頭央やったぜー」って言ってる人がいたりしないか、
そういう人に上乗せでオッサンが喜んじゃったりすると、かわいそうな事にならないか

そのあたりまで配慮しようとすると混乱します馬鹿なので。



まあとにもかくにも、ライオンズの選手になることはハッキリしましたので
ガッツリ応援するだけですな。

背番号も以前の7。グッズが売れそうじゃないですか。
松井稼頭央タオルとか、初日に完売するんでしょうなあ。
もう最初から1万枚くらい用意しておいて欲しいなあ。



ビッグニュースが続きすぎィ!

大発表来る

11月15日、大発表がありました。
今後の4年間くらいをかけて進められる大計画です。

ちょっと時間がなくて、
さらに対象となる話が多すぎるのもあって、
自分の意見すらまとめきれていない状況です。
追ってひとつひとつとコメントしますね。あー驚いた。



一つだけ先に意見と言うか希望を書かせていただくと、

コレはサンクスフェスタでファンに向かって最初に発表して欲しかったなあと。
マスコミ向けの会見はその後でいいじゃないですか。
あるいはサンクスフェスタで記者席を設けたっていいわけで
どうせガラガラなんだし

リアルイベントを直後に控えたこのタイミングで
マスコミ第一でアナウンスしちゃう姿勢はちょっとだけ、
ほんとうにほんのちょっとだけ残念でした。 プゥ。

2018年公式戦日程発表

ライオンズのシーズンが終わり、
日本シリーズも終わってすっかり仕事モードです。あっしが。
サンクスフェスタ待ちですかね。



オフシーズン最大のイベント、来期日程の発表がありました。
ドジャーン!
NPB のサイトで公開されましたが、早々にライオンズの公式サイトにも反映されています

ポイントを幾つかピックアップしますぞ。

・開幕は 3/30(金)、札幌。2年連続札幌開幕
・4/17 (火)、ライオンズ主催の(!) 東京ドーム開催。対F
・5/8 (火) 大宮、対H
・5/15-16 (火水)、ファイターズ主催の東京ドーム開催
・5/29 (火) 三次、 対C
・6/12 (火) 大宮、対YS
・7/5 (木) 函館、対F デーゲームのはず
・7/18 (水) 北九州、対H
・8/28-29 (火水) 前橋→大宮、対E
・9/4-5 (火水) 旭川、対F
・ホーム最終は 9/29、土曜日。

なお球場は上記に挙げたような一部を除くと「未定」扱いで、
必ずしも各球団のホーム球場開催と決まったわけではないようです。



とりあえずのビックリポイントは、東京ドーム主催試合でしょうか。
西武になってから、ライオンズはこれまで東京都で主催試合をしたことがありません。
「○○の祭典」 的なアレになるのでしょうか。
ぶっちゃけ「○○の祭典」はイメージ最悪なので、別の名前にしてほーしい。

かねてより噂されていた台湾開催は、今のところ発表なし。
今後追加される可能性はあるので、要チェックですぞ。

沖縄開催もまだ発表ありません。
沖縄出身選手が増えたし、期待したいところ。

オープン戦の日程発表は例年12月中旬。
試合開始時間の発表は例年1月です。

プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking