落ち着かない夜のグッズ報

今月は落ち着きませんねえ・・・



9/14 に、選手コラボTシャツ発売

浅村選手の「練習で着用できるカッコイイTシャツが欲しい!」という要望から製作された練習専用Tシャツと森選手と山川選手が早出練習の際に着用しているTシャツが商品化!


とのことで、3選手の練習用Tシャツの市販 という名目

野球選手の好きなデザインとなると、どうしてもコレ系になっちゃいますね。
一方でこんにちプロ野球を観る!って人はどうしても保守的な人が多いわけで
このあたりのギャップが気になるところです。
まあ売れるでしょう (なんなんだ)



中村が8月の月間MVP取得。2度目なんですね。
もう10回くらい取ってるもんだと思ってました。

記念グッズがオンライン限定の受注販売に。23日まで。
タオルとキーホルダーのセットと、タペストリ。
実サイングッズとかはないんですね。



いよいよ大詰めです。落ち着かないなあ。
スポンサーサイト

観客動員150万人達成

9日のマリーンズ戦で、年間観客動員数150万人を達成したとのアナウンス
2005年以降最速となる62試合目での達成とのこと。



これまでの観客動員数150万人達成日と試合数は下記のとおり。

2009年・・・10月1日 (試合数不明)
2010年・・・9月11日 (70試合目)
2011年・・・10月15日(70試合目、震災で開幕遅れ)
2012年・・・10月6日 (72試合目)
2013年・・・9月29日 (69試合目)
2014年・・・(達成せず)
2015年・・・9月22日 (68試合目)
2016年・・・9月23日 (67試合目)
2017年・・・9月18日 (64試合目)
2018年・・・9月9日 (62試合目)

2008年以前はデータがないのですが、達成していないのかもしれません。
10年で8試合も詰めているわけで、このご時勢に順調に観客動員が
伸びていることがわかります。

さりげなく達成日も過去最速です。
こればっかりは日程の影響が大きいですが。

なお観客動員200万人は、平日も全試合ほぼ満席にならないと達成できません。
あるいは客席を拡張すれば、あるいは。

VR でやってくる観戦ワールド

少しだけゴールの影の先っぽが見えてきた感じでしょうか。
今月後半まで今の場所を維持できれば、ゴールが見えてくるのかもしれません。



プレイヤーズプリントフェイスタオルが5選手追加
野田・平井・榎田・岡田・木村。

木村は以前発売されたことがありますが、大きくデザインが変わっています。
平井はHONDAカラーが配慮されてるような気がしないでもありません。

プレイヤーズプリントフェイスタオルは毎回初回の販売数が激・少 なので、
発売を待ち望んでいた各選手のファンは発売日にガッツリ確保に行ったほうがよさそうです。



XRstadium(エックスアール・スタジアム) で提供されている
「パーソル パ・リーグTV VR」 の試合追加のお知らせ

VRデバイスで試合を観戦する、というチャレンジングなサービス。
場内にはカメラ5台が設置され、VRで観戦できるそうな。

VRデバイスを頭につけて、首を動かすと景色も合わせて変わる、
場内にいるかのような没入感を楽しめるサービス・・・のはず。
そういった説明も売り文句もどこにも書いてないから推測です。

球団ニュースの紹介ページのどこにもウェブサイトへのリンクがなく、
1試合あたりの値段も書いていないという紹介する気がアルんだかナイんだか
もしかすると紹介記事を書いている人がどんなサービスなのか分かっていない
のではないかと疑ってしまうブン投げ状態です。


サイトはこちら↓です。
XRstadium(エックスアール・スタジアム)

1試合500円で、パリーグTVとは別料金みたいです。
どうやら録画再生もできるっぽいですが、
購入した試合の再生はいつまで可能なのかは不明。

使えるVRデバイスは
・OculusGo
・Gear VR
・MirageSolo
・DaydreamView
・VRゴーグル (スマホ)
の5種。
このラインナップを観てピンと来ない人は対象外です。 門狭ッ!
Playstation VR が対象外なのは残念だなあ。理由があるんでしょうが。


各球場のカメラ位置はサイトに書いてあるのですが、
メットライフドームのカメラ位置は (クリックで拡大)

met.png

なんべん読んでも③と④の位置がよくわかりません。
③は天井カメラなのかな? ライト外野席という事ではないんだと思いますが・・・


あっしは一応 OculusGo オーナーでして、試しに買ってみようかなあとも思っています。
でもまあ、自宅でVRで観戦するなら、球場に行きたいなあ・・・

ライブで楽しむよりも、大逆転試合なんかを後から購入して、
オフにVRで堪能できるといいなあ・・・

シーズンチケットまもなく終わり

「外野自由席シーズンチケット」の販売がまもなく終了だそうですよ奥様。
来週中には終わっちゃう感じだと思います。価値も目減りしますからね。

過去のフリーパス、プラチナ会員など同系チケットの受付締切日は下記のとおり。

2008年 ・・・ 2月15日 (500名限定だった)
2009年 ・・・ 3月29日 (前々日にメールで通知)
2010年 ・・・ 3月14日 (オープン戦期間中)
2011年 ・・・ 5月5日 (震災で開幕が遅れ、ホーム最初の連戦最終日)
2012年 ・・・ 4月4日
2013年 ・・・ 4月4日
2014年 ・・・ 4月10日 (終了後に事後報告)
2015年 ・・・ 4月22日
2016年 ・・・ アナウンスなし? (「内・外野自由席フリーパス」)
2017年 ・・・ 4月30日 (「内・外野自由席シーズンチケット)

そのうち即日完売とかになるんでしょうか。
そうなってほしいような、ほしくないような。

公式LINEアカウント登場から垣間見える新時代の観戦

キャンプB班の選手コーチに大人気のインフルエンザB型にやられてました。
まあライオンズファンたるもの多少はね?



今年も去年のようなシーズンチケットが発売されます
「外野自由席シーズンチケット」。 内野自由席がなくなって、
名称が「内・外野自由席シーズンチケット」から変更になりました。
でもお値段据え置きの44000円。
まあ去年は値段分の価値がありましたので我慢しちゃう。



ライオンズの公式 LINE アカウントが登場し、
スマホを使用した完全チケットレスシステム
「Quick Ticket(スマホチケット)」と連携するようになるとのこと。

「Quick Ticket(スマホチケット)」利用時には、LINEアカウントから
試合情報やアナウンス、座席の位置などが通知されるとのこと。
なるほど便利そう! 楽しそう! やるなライオンズ。

でもこの仕組みは、LINE上の「友だち」として登録された球団アカウントとの
会話が通知 ON 設定されていてこそのサービス。
せっかく「友だち」登録した人々に対し、球団メールや公式Twitter程度の情報を
ダラダラ垂れ流していると、あっという間に通知設定は解除されてしまう事に。

ライオンズの公式 LINE アカウントはちょっと違う!
投稿があったらすぐに読まないと大損だ!
くらいの情報に限定して投稿して欲しい感じです。
できるできる期待しちゃう!

LINEスタンプは作らないんですかね?球団の。



口座振替FC会員が「ウインドブレーカー」 の一部サイズと 「レオクロック」 への
交換が一切行えないまま交換が終了してしまった件。

どうやら口座振替会員に、お詫びのチケット引換券が郵送されている模様です。

正直、問題の本質を全く理解していない対応に心底ガッカリしました。
ファンクラブ担当の方々は、自分たちがショービズの世界にいるなんて事は
ミジンコの体毛ほども思っていない様です。

もう今年のファンクラブは特に持ち上げたり期待したりしない様にします。
どうせ何をやっても今回のような対応なんでしょうから、
せいぜい今年は後、うちわ券が来ればラッキーくらいに思っていることにします。
とっとと責任者が代わって2019年のファンクラブにならないかなあ。

プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking