ウーマンフェスタの微スポンサーから

GW9連戦は7勝2敗。
依然好調を維持できており、ウッキウキのライオンズファンも多いのでは。
ライオンズが仕事したんだから、我々も仕事しないと。



そんな日曜の試合で、浅村が1000試合出場達成。

記念ピンバッチとか出るんでしょうかね。
今年は記念ピンバッチのアナウンスが一切ないので、方針がかわったのかもしれません。大宮のピンバッチもないですしね。
断定するにはまだ早いですが・・・まとめて発売するのかもしれません。
榎田やワグナーの初勝利ピンバッチがどれだけ売れるかもアレですし、達成日に売るんじゃなければまとめて売り出したほうが良いかもしれませんね。



「獅子女ヘルメットグルメ」販売。11日から。
選手が使わないヘルメットの柄がどれだけ人気になるか、ちょっと気になります。
12日はウーマンフェスタで女性にユニフォームを配布しますので、その勢いで売れたりしますかね。注目。


ウーマンフェスタ、女性に「だけ」ユニフォームを配るのは批判が多いですね。
女性限定プレゼント自体は個人的にはアリかなあとも思っていますが、プレミアム試合にして入場料で賄うのはちょっとアンフェアかなあと思っています。

チケット料金って来場者全員が払うもんじゃないですか。その入場料を吊り上げて一部の対象にのみプレゼント、ってのはアンフェアだとは思います。
いやプレゼントの日だからプレミアム日扱いなんだよ、と言うのかもしれませんが、結局は同じことですよ。そう見える以上は。

先日のキッズ向けのグローブ配布もそうでしたが、同じ入場料を払ったからには同じ体験を保障してほしいわけですよ。一部の試合で入場料が高いのはしゃーないですが、その上げたカネで一部のファンにだけモノを配るように「見える」マネはよせ、と思っています。
別に「代わりにメンズデーを作れ」 とか言ってるんじゃなく、集客のための施策はフェアなカネ回しでやれ、と言っております。

まあ、そこまで目くじら立てる話ではないかなあとも思っております。
ただここまでするんなら、子供や女性のファンがドドカーーンと増えなかったらタダじゃすまさねえからな!死ぬ気でやれよ!
と微スポンサーの一人として申し上げる次第ですイヒヒ。
スポンサーサイト

褒めたり落としたり

相手のミスにつけこんで僅差で勝利。
棚ボタのようですが、きっちり守っていけてこそ、なんでしょうねえ。
プロって大変だなあ。



「ファンクラブ入会特典「内野指定席引換券」はお早めにご利用ください!」
という見慣れないアナウンスが大本営にて。

7月は土日の対象試合が少ないので、早めのアナウンスを出したようです。
できるカスタマーサービスだなあ。
これで期限切れギリギリに文句言うようじゃファンの名折れですぜ。



榎田のピンバッチとカードの交換が11日から

この日行けるか分からないんですよねえ・・・まあ数日は残ってそうですが。
あ、今年はもうピンバッチをコンプリートしました。えっへん。
なんとなくトレードがありそうなので、全力出しました。



ファンクラブ、ハイグレード会員受付終了

今年のファンクラブについてはレオクロックの件で愛想が尽きたのでふーん、あっそ、という扱い。
40年ファンやってきて最悪のファンクラブの年なのでグチグチやっていきますイヒヒ



ビジター応援デー、横浜東京ドームでもやる模様。
どちらも19時まで。
東京ドーム主催試合でもそうでしたが、ポイントアップの早期終了はメットライフドームと勝手が違ってイヤンな感じです。
色々あるのでしょうけれど、試合終了までやってくれると助かるなあ・・・

4月終了

4月終了しました。
勝率ほぼ8割 (3月分含む)。
結構野球を観ているほうだと自認しておりますが、
こんなチームはちょっと記憶にありません。

こんな状態が続くとは思いませんが、
1ヶ月間続いたということは何か理由があるのだと思います。
その理由が他球団に解決できないものであれば、
こんな勝率ではないにせよこのまま・・・と期待しちゃいます。

まだまだ5月始まったばかり。
戦いはこれからゴーゴー。



GW期間中のライオンズストア オンラインの、
カスタマサポートと発送に関するお知らせ

カスタマサポートはあまり問い合わせた事ありませんが、
なんどかご連絡した際には丁寧にご対応いただきました。

発送については・・・毎度毎度すげえ時間がかかるイメージなので
今更感もありますが、ちゃんとアナウンスしてくれるのはええですね。


神戸を観ずに結構と言うな

今週は北九州&福岡→所沢。
北九州は中止かもしれませんね・・・
試合のない日は仕事をしっかりしないと・・・



今年の最初のビジター応援デーは神戸
5/19 の土曜日でございます。

もし神戸に行ったことがないのであれば、一度この機会に遠征されることを強く強くお勧めしますよ。
おそらく、日本で一番すばらしい球場です。

日本一の球場はメットライフドームだろ!という強気の姿勢は大好きですし理解しますが、アレはライオンズの本拠地だからすばらしいのであって球場そのものは

・・・・とにかく、神戸はすばらしい球場ですよ (汗)

あたらしいサンデーライオンズの向こうに見えるもの

今年から FM Nack5 「サンデーライオンズ」の構成が大きく変わり、
ライオンズファンからものすごくものすごく批判されまくってます。

諸事情合ってこれまで聴く事ができなかったのですが、
15日の日曜に聞いてみました。 なるほど、こりゃ「辛い」。

以下、今の「サンデーライオンズ」がどういう放送なのか、
ご存知の方向けに書きます。
問題点の洗い出しはこの記事がとてもよいので、ご存じない方はご参照を。

いろいろと批判を受けることを覚悟の上で書きますが、
今日3時間近く 「サンデーライオンズ」を聴いて、
「この方向性もアリなのかもな」 と思いました。いや石投げないで。



FM Nack5 がライオンズの試合を中継するようになったのは1988年くらいでしょうか。
たしか最初は21時までを文化放送が中継して、
21時からNack5がリレー中継していたと記憶しています。
それがいつしか、平日が文化放送、土日がNack5、という中継になりました。
土曜日の中継がなくなったのはいつからでしたっけ・・・??

あの頃はCS放送もネット中継もネット速報も無くて、
試合の状況を知る手段はラジオ以外には球団のテレフォンサービス(!)くらい。
球場に行けない時は、ラジオが頼りだったのです。
サンデーライオンズは、そんな存在だったのです。



あの時代から、大きく2つのことが変わっているのではないでしょうか。

1. 中継するメディアが増えた
以前と違い、CS放送も、ネットの動画中継も、ネットの文字速報もあり
ラジオ以外に試合の状況を知る手段が増えました。
ラジオは唯一無二の中継手段でなくなっただけではなく、
音声しか伝えられない「制限のある中継手段」になってしまったのです。
(もちろんそれがメリットになるケースもあるわけですけどね)

2. Nack5 が人気局になった
これを意識しているライオンズファンは意外と少ない気がしています。
90年代の不人気FM局だった Nack5 とは違い、
今の Nack5は首都圏でトップクラスの聴取率を誇る人気局です。
その人気局の日曜午後の放送枠を、3時間以上に渡って独占する番組って
割と局内外から「求められるものがデカイ」んではないかと思うんです。
サタデーライオンズが無くなったのは、この影響もあるんじゃないでしょうかね。



Nack5といえば AM 局的な放送をするFM局なわけですが、
TBSラジオも野球中継から撤退するこんにち、
「ラジオの野球中継のありかた」を、見直「さなければならない」時期
なんじゃないかと思うんですよ。
これは Nack5 や TBS ラジオだけではなく、我らが文化放送を含めた
全てのラジオ局に求められている事なんじゃないかと思うわけですハイ。

その中で先鞭を打ったのが Nack5 だった、と思うんです。
素人が勝手に。



今のサンデーライオンズですが、もう「中継」はしてないですよね。
野球の進行を伝える意志は全くないと見てよいと思います。
あれはパーソナリティが勝手にやってるんじゃなくて、
そういう方針で番組を構成していると見て間違いありません。

多分、おそらくですが、今年のサンデーライオンズは
他の中継を観ながら一緒に聞く番組なんだと思います。

残念ながら一部の超マニアを除けば、野球中継の全時間帯の8割は
退屈な時間なんですよね。テレビでもネットでもラジオでも。
中継機器の前に正座して中継に集中する、ということはしないですよね。
何か別のことをしながら中継を観る、という 「ながら視聴」するモンなんだと
思うんですよ、野球中継って。

今のサンデーライオンズって、その「ながら視聴」にもう一つアクセントを
加える、新しい「娯楽番組」なんだと思うんですよ。
「中継番組」としては不完全です。だって中継してないもの。
もうあれはわざと中継してない。中継する気ナッシング。

あの番組は、試合進行を知る手段がすでにある人向けの番組なんだと思うのですよ。
「試合進行を知る手段」は、単なる情報のみの速報サイトのような非中継手段も含まれます。
そう考えて動画中継とセット聞いていると、割と楽しめたんです。

今年のサンデーライオンズは、そういう番組を目指してるんじゃないかと思うんです。
ラジオの野球「中継」から、野球「番組」に発展する第一歩なんじゃないかと。



でも、でもですよ、やはり今のサンデーライオンズに違和感を感じたのも事実です。

試合が大きく動いたとき、たとえば点が入ったときやファインプレーがあった直後など、
放送ブースの背後の球場が大きく沸いているときに、
完全に無視してトークやおたより読みをやってたりするのはさすがに違和感がありました。
状況の中継はしなくてもいいですが、反応はしてほしいなあと。
ライオンズの試合を一緒に観ている雰囲気は出して欲しいなあと。
試合の進行と番組の進行が別だったら、それはもう球場で放送しなくてもいいじゃないのと。



いや完全にあっしの勘違いで、全然違う方針の番組を、
あっしが勝手にそうやって楽しんでただけかもしれませんですけどね・・・
その辺、良く分からないんですよね・・・

新しい番組構成である「球場から伝える、中継をしない野球番組」 には
可能性こそ感じますが、それをリスナーにどう楽しんで欲しいのか、
番組の中でしっかり説明して欲しい気はします。

そのあたりの 「リスナーとのコミュニケーション」 が決定的に足りない、
とは思います。 それこそが一番の問題だと考えます。

去年と同じ番組名で、全然違う放送をすれば批判されるのは当たり前。
去年までのリスナーの期待値は、去年までやっていた「中継」ですからねえ。

そうじゃない、新しいサンデーライオンズはこうやって楽しむんだ、
新しい野球番組であって、ライオンズファンの新しい娯楽のスタイルなんだ、と
きちんと「説明する」。中継じゃないんだと「伝える」。
このあたりが、今のサンデーライオンズに求められている対応なんじゃないかと思います。



くどいようですが、今のサンデーライオンズ、アリですよ。
難もたくさん、ものすごーくたくさんありますが、
その向こうに垣間見える光は、今後を期待させるに十分な光量です。

プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking