音速の世界で生きる応援民

すなる先生改め18歳先生がレッズ応援のために
豪州に行っている間はライオンズ連勝。
帰国後1試合は勝ったものの、その後連敗。
もう豪州に住んじゃえばいいのに18歳先生。

その18歳先生いわく
マリーンズの内野応援デーはあまりうまく行かなかったとの事。
確かに録画を見てもうまくいってません。
というか内野にもドラムがあって、外野と合わせられていないように見えました。
現地じゃないので憶測になっちゃいますが、
内野と外野じゃ距離もあって音が合わせにくいでしょうし、
難しいんでしょうねやっぱり。



この記事で思い出したのですが、ライオンズの応援で比較的多用する1拍子。
アレをキャッチャーが捕球するまで煽りを続けている人が結構多い(というかほとんど) のですが、
本来はもう少し早めに煽りを止めるべき応援。だと思っています。

5年前(!)のあっし自身のブログ記事から引用しますよ。

ライオンズの応援でおなじみの一拍子。
相手チーム投手の投球フォームに合わせて

 ハイ! ハイ! ハイ! ハイ!ハイ! オオ~~~~~・・・・

っとやるアレです。



時々思うんですが、アレって相手チーム投手やライオンズ打者に声が届くまでにタイムラグがあるんですよね。

音の速さってのは秒速340メートル (気温15度の時)。

ピッチャーズマウンドから外野席まで100メートルから130メートルくらいとすると、
外野席の声が相手チーム投手に届くまで 0.29秒~0.38秒。

相手投手が投げる瞬間まで 「オオ~~~」 と言いつづけていると、その声が届く時には投げ終わった後なわけで、相手投手へのプレッシャーじゃなくライオンズ打者へのプレッシャーになっちゃうわけですよ。



だから相手が投球する直前で「オオ~~~」を止めるべきですな。
タイミングとしては、投球モーションに入った直後あたり。

ワインドアップなら、振りかぶってから脚が上がり切ったあたり。

セットポジションなら、セットの静止から投球に入った所。

片岡のように、投手のフォームを盗んで 「オオ~~~」 停止だ!




基本的にシーズン中は海外出張を入れないあっしなのですが、
よんどころない事情によりちょいと出てまいります。
1週間ほど更新止まると思います。最近はちょいちょい休んでますけどねエヘヘ。
対戦相手は上位。 6連勝ならそのまま海外に住もうかなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking