ユニフォームのサプライヤ変更、正式発表

かねてより記事になっていた、ユニフォームのサプライヤ変更。
去年のシーズン中盤には決定事項のようにスタンドのファンの話題になっていました。
15日、正式発表がありましたよ。

新サプライヤはマジェスティック。
ライオンズ公式マジェスティック 両方のサイトで発表されてます。

ユニフォームデザインは昨年変わったばかりのユニフォームを踏襲。
ただし、不評だったアルファベットのフォントが読みやすいものに変わっています。
そもそも何であんなスッタコフォントにしたんだ

ライオンズのユニフォームサプライヤの推移は下記のとおり。

1979-2002 デサント
2003-2015 ナイキ
2016- マジェスティック

【2016/01/16訂正】

デサントからナイキへの切り替えは、ホームが2001から。

ビジターが2002からでした。以下表記直してます。

(訂正以上)


九州時代についてはちょっと分かりません。
ライオンズベースボースショップで作ったプロ仕様の西鉄ユニはデサント製でした。


サプライヤが変わってもユニフォームデザインが変わらないことは、
2016年ファンクラブの特典発表でなんとなく判ってはおりました。

そもそもユニフォームサプライヤが変わった年には、あまりデザインは変えないものです。
ライオンズが2001年にユニフォームサプライヤをデサントからナイキに変更した時も、
その年はデザインを変えませんでした。
たしか翌年、ビジターユニのデザインを変更したと記憶しています。

マジェスティックがユニフォームデザインを変えるなら、来年以降。
とはいえ、前(現行)ユニはたった1年しか使っていません。
ネームフォントの変更もデザイン変更と考えると、来年ユニフォームデザインを変えるとなると
3年連続でデザインを変えることに。 そこまで踏み切るかはちょっとわかりません・・・


とにもかくにも、ユニフォームデザインとサプライヤを発表。
オーセンティックモデルの値段と発売時期が気になります。

マジェスティックのユニフォームを採用しているチームの
オーセン(プロコレ)ユニフォームの価格は:
スワローズ:43000円
イーグルス:38000円
とこんな感じ。
ライオンズもあまり現行 (43200円) と変わらない感じでしょう。

オーセンティックモデルの発注はいつからなんでしょうか。
例年 (去年までのナイキ時代) は2月1日から受注開始、納期約60日です。
当たり前のように開幕戦に間に合わず、イライラマッハでした。
ジャンパーも届くころには既にそれを着る陽気ではなく、ほとんど秋まで寝かす有様。
オープン戦緒戦 (3/3) か、オープン戦ホーム緒戦 (3/12) に間に合うようにならんもんでしょうか。

マジェスティックを既に採用しているイーグルスのオーセンユニも、納期二ヵ月との事。
それなら1日も早く受注だけでも始めてもらえないもんでしょうか。
いや、やってくれるはず!我らがライオンズなら期待していいはず!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ナイキの01は単に広告主で、ユニフォームは02から提供だよ

No title

太平洋クラブ最後のユニフォーム(1976年)はデサント製でした。
胸番号を採用した、ワインレッドのアレですね。
以前、綱島理友氏のサイトにデサント所有のものが掲載されていました。その前後もデサントの可能性は高いですが、はっきりはわかりません。

余談ですが、このユニフォームは綱島氏の著書のユニフォーム大図鑑に、「ライオンズ・クラシック復刻の候補だったが、選手たちの反応がいまひとつ(後略)」とありました。

ダサいの承知で、一度見てみたいものです。

No title

>>42ちゃん
01はスウォッシュないみたいだね
やっぱり02からなんですな

>>さいぼぐ丼さん
太平洋、デサントでしたか
まあ、選手はあの胸番号は嫌がるでしょうね・・・・
プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking