どっち向いて謝罪してるんだ?という残念感

ライオンズの球団職員が大麻密輸で逮捕・起訴されていた、というニュースが。
毎日 産経 スポニチ

毎日新聞によると、逮捕された職員は営業部メディア担当の小俣慎司被告(30)とのこと。
昨年まで NHK ニューヨークで大リーグ中継ディレクターを務めており、
今年1月にライオンズに入社したとのこと。
大麻入りの郵便物が見つかって逮捕とのことで、なんというか色々と残念。
公演をやった江戸川大学のサイトには顔写真もありました。

CiLSdXRVAAAIYKk.jpg
http://www.edogawa-u.ac.jp/news/20150107_1.html のキャッシュより引用

遠征先の仙台の練習場前で、居郷球団社長がマスコミに会見。
専務・取締役と一緒に謝罪してました。



スポニチの記事を読む限り、球団社長は
「野球界の関係者、多くのファンにご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪
したとあるのですが、そのファン向けの広報媒体たる球団サイトには
夜になっても一切情報が載っていません。

もしファンに向けての謝罪なのであれば、マスコミ会見の前かほぼ同時に
簡単な顛末報告と謝罪記事が球団サイトに公開されているべきだと思うわけです。

どっち向いて謝罪してるんだテメエ、というゆるやかな反感は、
小俣氏の所業への残念感以上に思うところです。

2014年1月の相内飲酒・喫煙事件では、マスコミ報道とほぼ同時に
ウェブサイトにもメッセージが出た記憶があります。
あの対応でよいと思うのですが・・・・



また謝罪内容自体にも残念感はあります。
「球団が」 謝罪するからには

1. 球団として何が問題だったのか
2. その問題点を今後どうやって改善するのか

の2点の説明が必須です。
本来「責任取って辞める」なんてのは、2.の改善策を言葉だけで実行せずに
問題を再発させた場合の施策であるべきなんです。

この辺の説明ナシにゴメンナサイで済ませようとするのであれば、
いつかまた似たような問題が発生すると思うんです。もっと深刻な形で。



もうライオンズ憲章、すっかり忘れられていますよね。

4.(フェアプレーの精神)
フェアプレーの精神に基づき、社会と球界のルールを守り、常に良識かつ品位を持って誠実に行動します。

ファン向けの謝罪ではコレにも触れてほしいところ。

まあ居郷社長はじめ球団スタッフの大半は、ライオンズ憲章の存在自体を
もう覚えてないんじゃないでしょうか。
あのドラフトでのライオンズファンの悔しさ、やるせなさは何だったんだと。
守る気も大事にするつもりもないなら取り下げちまえ、と思いますが乱暴でしょうかね?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking