緑の裏、青の裏

なぜかここに来て投打ともに好調。
4カード連続勝ち越しに5連勝。

仮にこのまま9月末まで絶好調が続いてCSに滑り込んで
あまつさえ日本一になったとしても、
来年もまた現行体制で行くのは大反対だなあ。
現場だけじゃなくフロントもね!

不信感を募らせ続けた期間ははや8年。
2ヶ月くらい全勝したところで払拭なんて全然ムリムリカタツムリ。



ピンバッチボード、発注は21日の22時まで。
要は日曜の夜まで。
買う予定の人でまだ買ってない人は、今すぐ手続きを。



ライオンズ・フェスティバルズ 2016 も日曜でいよいよ終わり。
もう数年は緑のユニに袖を通すこともないでしょう。

黄色だの緑だのと毎年違う色のおべべを着せて頂いておりますが、
ファンが嬉々として受け入れてると思われたら割と心外。

特にここ2年の黄色と緑は完全に色を変えただけの
デザイン的な新しさがないユニフォーム。

せめて球団が糞みたいに大儲けできた、ということであれば
ファンとして苦笑いでお付き合いする覚悟もあるんですが、
ユニフォームは600円均一3回も配布してますので
ユニフォームがバリバリ売れてよかった、とも思えないんですよねえ。
「誰が得するんだこれ」感は数年連続で感じております。

数試合の「満員御礼」を出すためのコストに見合ってるのかな、とも。

来年は黒でしょうかピンクでしょうか。
もう全員がWin-Win なんて難しいことは言いませんので、
ライオンズが糞馬鹿でかいWinを得る企画であって欲しいと思いますハイ。



今年のステージ特典は「キューブパズル」。
いわゆるルービックキューブです。

あっしはパズル全般も好きでして、ルービックキューブもやります。
この球団サイトのグッズ図を見て
「うっお世界配色基準かよ!」
と驚くくらいの知識はございますです。

皆さんぜんぜん興味ないと思うのでざっくり解説しますと、
キューブパズルには「日本配色」と「世界配色」の2種類があります。

日本配色は白の裏が青、黄の裏が緑、赤の裏が橙です。
世界配色は白の裏が黄、緑の裏が青、赤の裏が橙です。
つまり黄色と青色が入れ替わっています。
これが分かってないと6面そろえはムリ・・・ではありませんが面倒です。

コレを見る限り、ライオンズのキューブパズルは世界配色のように見えます。
実物を見たら赤の裏に緑があったりするかもしれませんが。
もし「日本配色」と「世界配色」のどちらでもない配色であれば、
それは「ライオンズ配色」と名づけます。私が今、命名します。

これってJRCA (japan Rubik's Cube Association, 日本ルービックキューブ協会)に
申請すれば認められるんですかね?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking