普段の文体に戻っても辛口になってしまった話

前回長文を書いたところ、えらい反響がありました。
正直なところ全方位喧嘩売りみたいな文章でしたので批判されることを
覚悟の上で書いたのですが、賛同7割・批判3割くらいの反応で逆に驚きました。

反論も非常に興味深く読みました。
実は反論を含めた様々なご意見へのコメントも長文で書いたのですが、
いいかげんウザそうなので止めました。
まだ消してませんのでもっとご意見が来るようであれば載せるかもしれませんが、
まあいいかな、って。



岸は結局移籍しましたが、移籍表明後にサンクスフェスタに来るという初の事態になりました。
かなり否定的な意見が多かったのですが、正直なところ個人的にはアッパレ感がありました。
どういう意図であれ、立場を表明した上で挨拶に来るのであれば無碍にはできねえなあと。

まあそれでも、サンクスフェスタをエンタメの場として考えると、ナシかなあと思います。
それはファンが決めることでも岸が決めることでもなく、
サンクスフェスタの主催者である球団が決める事。
サンクスフェスタのテーマがファンへの「サンクス」「感謝」なら、
岸をキャストとして並べる選択なんてありえないわけです。

アレを認めちゃうということは、球団側でもサンクスフェスタをどういう場にするのか
しっかり固まっておらず、年中行事の一つくらいに思っている感じがします。
だからエンタメのド素人である選手プロデュースの企画なんか認めちゃうのです。

# 話は若干逸れますが、選手デザイングッズとか選手プロデュースイベントとか、
# 選手の名前を使えば素人同然の企画でもぶっぱなしで使えると思ってるとしたら、
# ライオンズファンもずいぶん舐められたもんだなあと思います。

岸については、
「エースの役割を期待して複数年契約を結んだものの、
 ケガばかりでエースの活躍ができなかったため鈴木本部長の英断で解雇された。
 路頭をさまよう岸を楽天が拾った」
くらいに思うことにしました。勝手に。



サンクスフェスタは、初めて最後の挨拶までおらず、途中で帰宅しました。
もう、「野球」をやるまでは今後もそうするつもりです。

ただ、9ユニちゃんも書いてましたがパワプロ(ビデオゲーム)のイベントには可能性を感じました。
アレ使って選手対抗戦にして、試合形式で進めればよかったのに!
何であれ、イベントのモチーフが「野球であること」 が本当に重要だと思うんです。

くどいようですが、サンクスフェスタは
「プロ野球チームが、野球場に、野球選手を揃えて、野球ファンを招くイベント」
なんです。ウケるイベント内容はもう明らかなんです。
本気でファンを楽しませようと考えるなら、絶対無視できないはずなんです。



銀座天賞堂のクリスマスアクセサリーをオンライン限定で販売
このボッケボケの商品写真がネットで話題に。
ph_accessory02.jpg

売る気がないのか何だか知りませんが、
最近のライオンズはかなり浅い部分でファンを舐めてる気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking