メットライフドーム 爆誕!

前日に発表された、記者会見ライブ中継。
内容は、「西武プリンスドームがメットライフドームになる」という
球場命名権譲渡のお話でした。

名前のとおり、命名権を獲得したのはメットライフ生命。
命名権が譲渡される期間は5年。2017年3月1日から変更。
併せてメットライフ生命が、ライオンズのオフィシャルスポンサーにもなるとのこと。

西武グループの「プリンス」ブランド確立のために2015年に名づけられた
「西武プリンスドーム」。
「プリンス」のブランド化をあきらめた訳ではないでしょうが、
それを捨ててでも命名権を譲ったという事なので、
相当な額での契約だったのではないかと思います。邪推も期待もします。


なぜメットライフ生命だったのか、という点は気になる所ではありますが、
西武グループが社運を賭けて?展開している「東京ガーデンテラス紀尾井町」に、
メットライフ生命がテナントとして入っている影響かも、という意見も見ました。なるほど。

また生命保険会社がプロ野球のスポンサーになる事も多いイメージ。
「日本生命セパ交流戦」 は野球ファンなら誰でも知ってますし、
2010年から2012年はマニュライフ生命がクライマックスシリーズの冠スポンサーでした。
日本最古の外資系生命保険会社であるメットライフがスポンサーになるのも
自然な流れなのかもしれません。そうか?


なおメットライフのスタジアムといえば、ニューヨークの「メットライフ・スタジアム」。
アメフトNFLのニューヨーク・ジャイアンツとニューヨーク・ジェッツの本拠地。
対して我らがライオンズのアレは「メットライフ・ドーム」なので、お間違えなきよう。

ぜひこの利益や設備や補強に活用して頂ければと思うわけです。
外国人ガチャ購入費にしちゃだめですよ!



なお、記者会見のネット中継はお粗末そのものでした。
同時接続200くらいで頻繁に切断されるようになり、
最大で550くらいだったときは完全に視聴できなくなりました。

準備期間が足りなかったのではないかとも思いますが、
昨日も書いたように「早々に帯域オーバーして観れなく」なりました。

くどいようですが、何も Facebook なんかで中継しなくてもいいじゃないか、
と思うわけです。
Youtube も USTREAM もニコニコ生放送もありますし、
パリーグTVだってあったはず。
何をもって 「よし、Facebook でやろう」 となったのか、実に気なるところです。

またFacebook のライブ中継は、「誰が見ているかが第三者に分かってしまう」
という不特定多数に向けたライブ中継には向かない特徴もあります。
なぜ今回のライブ中継にFacebookを選んだのか、真剣に理解できません。

ソフトバンクや楽天よりもネットに強い組織であれ、とは言いませんが、
まともなネットメディア担当くらい居てもいいじゃないかと思うのです。
同時接続数を想定してネット配信手段を選定する、なんてのは
きょうび中学生の文化祭でもやっていることです。
大麻売らなきゃ良いメディア担当というわけではない

まあ今回の事態は予想できましたので、カチンとも来ませんでした。
それが悲しい。

また会見は一部・二部構成だったのですが、中継は二部が始まって
浅村がトークしている最中にいきなり終了しました。予告も何も無く。
もうちょっと切り方があるんじゃないかとも思いましたよ。
TV番組のようにキレイに整えろ、とは言いませんが、
せめて始まりと終わりくらいはキッチリしてほしいと思いました。

ネット中継自体は今後も期待します!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking