発表! ライオンズ・グッズ・オブ・ザ・イヤー 2017

2017年はライオンズ躍進の第一歩となる年でした。
去年の大晦日よりも、一昨年の大晦日よりも、今年の大晦日は
来年のライオンズに強い期待を抱いております。
皆様も同じではないでしょうか。

年末恒例、ライオンズ・グッズ・オブ・ザ・イヤー (LGOTY) 2017 を発表致します!

12月18日から28日まで予選投票を行い、
28日から31日18時ごろまで決選投票を行いました。
その結果、栄えあるライオンズ・グッズ・オブ・ザ・イヤー (LGOTY) 2017 が決定しました!



昨年に続き、決勝投票は Twitter 投票で行いました。
投票数は昨年の240票を上回る284票。
皆様のご投票、本当に本当にありがとうございます。

さて、投票結果は!


・球団歌CD「地平を駈ける獅子を見た」~埼玉西武ライオンズ球団歌40周年記念盤~ 28% (約80票)
・選手ポスターグッズ タペストリー 19% (約54票)
源田選手プレイヤーズプリントフェイスタオル 44% (約124票)
・スツールBOX 9% (約26票)

ライオンズ・グッズ・オブ・ザ・イヤー (LGOTY) 2017 は、
源田選手プレイヤーズプリントフェイスタオル
に決定しました!!




振り返れば、2017年のライオンズは源田たまらん、な年でした。
その象徴グッズともいえる源田タオルは、6/6の発売後売り切れに売り切れを重ねました。
発売2日後には緊急の予約販売を発表
この予約分もオンラインストアオンラインのサイトを落としながら瞬殺。
さらには店頭に並べる日付まで公式サイトで予告する有様。
まさに爆発的!な人気グッズになりました。

ライオンズグッズの売り切れがニュースになるのも久しぶりのことです。
西武D3・源田グッズが発売!爆発的な売り上げ記録し「ホッとしています」 (SANSPO.COM)
発売同時にほぼ完売、球団に聞く“異例”西武ドラ3新人のグッズ製作の裏側 (full-count.jp)

2017年の話題と人気を独占した源田タオル。
まさに2017年を代表するライオンズ・グッズであるといえましょう。

選手応援タオルがライオンズ・グッズ・オブ・ザ・イヤーに輝くのは3回目。
第3回 (2013) YUSEI フェイスタオル (同時受賞の一つ)

第4回 (2014) メヒア選手フェイスタオル
に続く、3回目となります。
いずれもライオンズの応援史に大きな足跡を残した名応援グッズ。
源田タオルも、その先達に続き追い越す十分なポテンシャルを持っていると思っております。


発売日のレフトスタンドで、首尾よくタオルをゲットした人たちが
源田の打席で誇らしげに一斉に掲揚していた様子を今でも覚えております。

この 「タオル応援」 という明らかな応援の潮流を、どう育てていくのか。
ライオンズのグッズ展開の大一番に差し掛かっていると考える次第です。

もう、数千枚をチンタラ作って売るのは止めてほしいなと。
ドーンと多く、ドーンと安く展開して、フラッグに続くライオンズの応援必須グッズに
育てて欲しいなと、そう願う次第でございます。
もう誰でも持ってるフラッグなんかを本拠地開幕シリーズで配ったりせず、
タオルを配る!
タオルの応援をドーンと育てる施策に舵を切ってほしいなと。
勝手ながら願う次第でございます。



栄光の歴代 ライオンズ・グッズ・オブ・ザ・イヤー (LGOTY) を振り返りつつ、
2017年を締めると致しましょう。

第1回 (2011) ネックールW
第2回 (2012) 西武鉄道創立100周年記念シリーズ 吊り革
第3回 (2013) YUSEI フェイスタオル・西武ライオンズフラッグ(レジェンドシリーズ) ※同数受賞
第4回 (2014) メヒア選手フェイスタオル
第5回 (2015) イエローシリーズ ヘルメット
第6回 (2016) 作業用・防災用ライオンズヘルメット
第7回 (2017) 源田選手プレイヤーズプリントフェイスタオル

ライオンズの輝かしい未来に続く殿堂に、新しいグッズが加わりました。
ライオンズの優勝・日本一と、よりイヤッハァなグッズの展開を
心から、心から祈りつつ


皆様、よいお年を!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking