優勝記念グッズの本来の機能

なかなか気持ちよく Victory Run を走らせてくれませんな。

ホーム最終3連戦は見事に完売。
先週の雨中止分は 10/4 (木) に入りました
まだまだ2018シーズンは続くんじゃ。



「二極の傑作 両Aメン。」グッズ発売。

去年からのシリーズでもっとも?人気のある今回のポスター。
グッズも人気になりそうです。
注目はやっぱり受注生産の選手ポスターF6キャンバスボード。

このキャンパスボード、優勝シーンの作られたら
どんだけ売れるのか想像もつきません。



優勝グッズは、コアなファン以外にも届いて欲しいなあと思うんですよ。

所沢のちょっとした小さなお店の店頭にも、記念タペストリがしれっと飾っていて欲しい。
清瀬駅の改札をくぐるサラリーマンに、優勝記念タッチアンドゴーを使って欲しい。
西武柳沢駅のホームで電車を待つベビーカーに、優勝記念キーホルダーがぶら下がっていてほしい。
日本全国の、全世界のライオンズファンが、10年ぶりの優勝を噛み締めることができるように

優勝記念グッズは潤沢すぎるまでに数をそろえて欲しいなあ。

我々コアなファンは、全品受注生産のオンライン購入でもいいですよ。
受け取りなんか年明けだっていいんです。
それはそれで嬉しいんですよ。でしょ?

普段球場に来れないファン、
どこファンかと聞かれたらライオンズと答える程度のファン、
そんな彼らに10年ぶりの優勝を、
グッズという見える形・触れる形で届けてやって欲しいと思うんです。

優勝記念グッズの本来の機能は、そこにあると思うんですよ。

がんばれがんばれライオンズ。
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking