指定席化して1ヶ月

お久しぶりでございます。

時代はSNS全盛期、ブログみたいな旧世代の遺物は皆さん興味ないんじゃないかと思って Twitter をメインに移し、長文があるときだけブログにしようと思っていたのですが、GW に球場でお会いした方々に 「ブログどうしたんだよ」 と何度か尋ねられちゃいました。

ほんじゃあまあ、Twitter には書きにくいような話はコッチにしようかなあと思った次第です。
ホラ、Twitter って、否応無く目に入ってくるじゃないですか。不愉快な話や気が重くなるような話も強制的に目に入ってくるので、書きにくい話があるのも事実です。

その点ブログは自己責任。わざわざ読みに来るからには、不愉快な話もあるぞ。いいね?



メットライフドームの外野席が指定席化されて1ヶ月ちょっと経ちました (オープン戦込み)。
当初はコレはコレで回るかなと思っていたのですが、やっぱり応援のパワー落ちちゃってますねえ。声量もビジュアルも。

まあビジュアルについてはゲーフラの規約が厳しくなりましたので、相応のパワーダウンになっています。新しいゲーフラを作ろうという人は減りました。このまま外野席からゲーフラの文化はなくなっていくと思います。まあ応援というのは規約の中でひねり出すものなので仕方が無いと思いますが、メットライフドームのゲーフラ応援は他スポーツ含めて非常に珍しく得がたい形に育った特長ある応援だっただけに、かなり惜しいとは思います。

問題は声量です・・・・昨年の6割くらいといった感じだと思います。
決して去年までのやり方を肯定するわけではないですが、あの時間も手数もかかる外野席の場所確保にパワーを注ぐファンというのは、応援への熱意も相当のものがあったんじゃないかと思います。
ネットで指定席を確保して試合開始直前にサッと来場するファンに、喉を枯らして跳ね踊れというのは無茶があるのでしょう。
特にビハインドの状況では危機的な状況だと思っています。もう声の大小ではなく、そもそも発声のために口を開けてない人が多数。応援ってビハインドでやるもんじゃないんですかね?

非常に、非常にグチっぽくなりました。 Twitter ではやらないぞワッハッハ。

じゃあどうしろという話なんですが、いっそ「外野席の値上げ」をやったらいいんじゃないかと思います。大人だけB指定くらいの値段にしちゃう。ガッツリ応援できるということに価値を見出す人だけに外野席に来ていただく感じで。
もっとパワー落ちるじゃねえか!となるかもしれませんが、そこはスクラップアンドスクラップ 熱意のある応援ファンが新しい応援文化を醸造してくれるのに期待してよいと思っています。それくらいの危機的状況なんじゃないでしょうか。
モノ配るのに値上げするくらいならできない事もないんじゃない



閑話休題。

5/2、5/5、5/25、6/30 はライト外野にライオンズ応援席を設けたとの事。席種は 「ライオンズ外野芝生指定エリア(ライト側)」「ライオンズ外野指定ベンチ(ライト側)」の二つ。

それはそれでいいんですが、窓口販売のみでネット販売がない、との事。
意味が分かんねえ!窓口販売のみにする事でどんな問題が解決するんだろう?
ネットを使えない人や、なんだか分からないけど当日券を提供すべきニーズがあったとして、ビジター応援団真横のライト外野はそういうった人にふさわしい席なのか?
実際5月1日2日と、けっこう空席が目立っていました。 ユニフォーム配布の6/30はともかく、他の日はちゃんと埋められるんでしょうか・・・
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking