「ライオンズユニフォーム福袋2020」 から考えること

月曜の夕方、SNSのライオンズ界隈がちょっとだけザワつきました。
球団から 「ライオンズユニフォーム福袋2020」 のアナウンスがあったからです。

シーズンが残り1か月ほどになり、タイミングとしてはグッズセールのアナウンスがある頃なんですが
例年やることのない 「ユニフォーム福袋」 の突然アナウンスに、

「来年ライオンズのユニフォームが変わるんじゃないか」

とSNS界隈が騒いだ訳です。



いくつか、仮説を立てられると思います。

1. ユニフォームが変わる
2. ユニフォームサプライヤがマジェスティックから他社に変わる
3. (コロナもあって) 売上を増やすための施策に過ぎない
4. 上記の複合

ざっとこのあたりが考えられるラインだと思います。

あっしが「〇〇に違いない!」と書いたところで糞ほどの意味もないので、
できるだけ事実を列挙して皆さんと考えていきたいと思います。レッツシンキン。


・現行ユニフォームの着用期間

現行のユニフォームは2015シーズンから使っています。
2020年シーズンで6シーズン目になります

その前のユニフォームは2009年から2014年の6シーズンでしたので、
そろそろユニフォームが変わってもそんなにおかしくはないタイミングです。
新型コロナでの減収から、収益源が欲しいタイミングでもあります。


・70周年ユニフォームは2021シーズンも着用
新型コロナで不完全な開催となった70周年シリーズを考慮し、
2021シーズンも「ライオンズ70周年シリーズ」を継続開催することが7月に発表されています
同じユニフォームを使うことも発表されています。
仮にユニフォームサプライヤが変わる場合、新しい別のサプライヤから
同じデザインのユニフォームが再発売されることになります。

なおライオンズとして前例がないわけではなく、2002年にデサントからナイキに
サプライヤが変わったときに同じデザインでユニフォームが提供されています。


・ファイターズとファナティックの戦略的リテールパートナーシップ契約
9月末に、北海道日本ハムファイターズとファナティクス・ジャパンが
10年を超える戦略的リテールパートナーシップ契約を締結しています
何の話?と思うかもしれませんが、ファナティクスはマジェスティックの親会社で、
マジェスティック・ジャパンは実質ファナティクス・ジャパンと同組織のようです。

細かい契約内容までは分かりませんが、マーチャンダイジング事業の提携とありますので
少なくともユニフォームサプライヤとしての契約といったレベルではなさそうです。
この中でファナティックが日本でのユニフォーム提供先をファイターズに絞る可能性がありますし、
逆にライオンズがユニフォームサプライヤを変える一因になるかもしれませんし、
全然関係ないかもしれません。
ぶっちゃけ契約内容と3社の意向に拠ります、という 「ぜんぜんわかんねえ」に近い観測ですが、
何か動くキッカケくらいにはなるかもしれません。



これらを総合的に見て、ユニフォーム福袋に手をだすべきか、というお話ですが
あっしとしては以下のような意見でございます。

・10月になってからユニフォーム買おうとしてんじゃねえ 2月に買え
・現行ユニを安く買えるラストチャンスかもしれない
・遊びで背番号入れるには向いてるかもしれない
・ネーム・背番号ワッペンが品薄になるかもしれない
 福袋を手にしたらすぐにユニの種類を確認し、すぐにワッペンを買え
 入れる名前と番号は事前に決めておけ


ぜんぜん列挙した事実と無関係じゃねえか!

皆さまがライオンズと共にあらんことを。
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking