ライオンズのテレホンサービス

今でこそライオンズの試合は全試合テレビ中継されますし、
ラジオでもインターネットでも映像・音声・WEBサイトなどなど
様々な方法で試合状況を確認することができます。

「ライオンズ勝ってるかな」 と思ったらポケットからサッと携帯を取り出して
試合状況を確認することができるわけです。
うっはあ便利。



こんなことができるようになったのはここ10年くらいの話。
それ以前は、ライオンズの試合をリアルタイムに確認する方法は
非常に限られていました。

一番の情報源はラジオでした。
幸いライオンズナイターなどが中継してくれましたので
多くの試合はラジオで状況を確認できました。
ただ当時は、全試合は中継していなかったように思います。(うろおぼえ)

あとは巨人戦のテレビ中継。
試合途中に流れる「他球場の試合経過」を
食い入るように観て確認していましたよ。



もうひとつ、当時非常に便利な手段がありました。
それはライオンズのテレホンサービス。
ある電話番号に電話すると、その時点での試合状況を吹き込んだ
テープが自動的に流れました。

携帯どころかポケベルもない時代でしたので、
公衆電話にテレホンカードをズキャッ!と押し込んで
身体が覚えているテレホンサービスの電話番号をガガガガッ!と
叩きこむわけですよ。

テープは試合進行に合わせて更新されまして、
だいたい1イニングが終わるごとに更新されてました。
テープの最後に 「次は5回裏終了後に更新します」 とか言うわけです。

何度かけても 「次は5回裏終了後に更新します」 のまま更新されないことがあります。
これは5回表か5回裏が長くなっていて、おそらくビッグイニングになっているわけです。
どっちかのチームか、あるいは両方のチームのビッグイニングがあると。
少なくとも投手交代くらいはあって、試合が大きく動いていると。
その時はドキドキしながら何度も何度も電話をかけ、テープの更新を待つわけです。
どうかライオンズのビッグイニングであってくれ、と。

ライオンズのテレホンサービスにかけるために、テレホンカードはいつも持ってました。
今は無いそうですが、昔は5000円で540度数(5400円分)のテレホンカードがあって
これを定期的に買って持っていました。
90年代にほぼ無制限に使える偽造テレカが流行ったのですが、正直欲しかったです。
もちろんライオンズのテレホンサービス用に。



今はもうテレホンサービスなんかやってないんだろうなあ・・・
・・・と思っていたら、なんとまだやっていました!
大変失礼致しました!

NTTコミュニケーションズのテレドーム案内には、
「西武ドームテレホンサービス」 なる項目が。
電話番号は 0180-993321。 昔とは違う番号ですね(笑)。

名称は 「西武ドームテレホンサービス」 ですが、ビジターゲームも速報してくれます。
今日の日本ハム戦も、イニングごとに速報してくれていました。

久々に聞いた「次は~回表終了後に更新します」。
テレホンカード片手にかけまくった当時を、ちょっとだけ思い出しましたよ。


中島裕之―新時代の旗手・ナカジマの魅力を凝縮! 埼玉西武ライオンズ (スポーツアルバム No. 21)中島裕之―新時代の旗手・ナカジマの魅力を凝縮! 埼玉西武ライオンズ (スポーツアルバム No. 21)
(2009/08)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト



テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ


コメントの投稿

非公開コメント

うっわ!懐かし!ありましたね~、そんな時代(^_^;)

レトロだけど、ドキドキ感に関しては現代より当時のほうが上だったと思いますね~。情報の少なさが、逆にファンに楽しみを提供してくれてたようにも思えますわ~(^_^;)

屋根なし時代は

天気が悪い日は試合があるのかどうか、よく確認したモンです(*^-^)b

いまだにやっているとは、ネット社会が当たり前になっている中で年配の方には有り難いサービスですね♪

Re: タイトルなし

>>ポテンヒットさん
確かにドキドキ感は今よりありましたね。
・・・野球のドキドキかといえば微妙ですが・・・(^^;

Re: 屋根なし時代は

>>まーちゃんさん
年配者には優しいサービスですよね

・・・どれくらい利用されてるんだろう?

携帯でも

テレホンサービス利用しましたよ
バイト上がりや仕事終わりに聞いてました

携帯を持つようになってからは
携帯から#8981(だったかな?)をかけまくってた気がします

テープがなかなか更新されてないと
負けている展開だというジンクスがありましたv-12

Re: 携帯でも

>>うっちぃさん
番号から言って、携帯専用サービスなんですかね?
ソイツは使ったことないですハイ

もしかして将来
「いちいち文字で展開読んでたんだぜ昔は」
なんて時代が来るのかもしれませんな。
プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking