中島クン ゲーフラの話

index.jpg


中島がとうとう米国に渡りましたね。
ここいらで自分自身の心の整理を含め、「中島クン」ゲーフラについて
最後に書いておきたいと思いますです。

ゲーフラなんてのは作って掲げてナンボのもので
作ったやつがコマゴマ語るなんてマジきめえと自分でも思う訳ですが、
10年間持ち歩いた事もありそれなりに愛着があったりしまして
「どうせ個人ブログなんだしいいじゃない」というエクスキューズに甘えて
ダラダラと書き殴ろうと思います。 よろしくね。



このゲーフラ、構想はかなり昔からありました。

昔のあっしはイタいことに「ボード・幕のネタ帳」を書いていまして、
そこには2000年夏ごろから中島クン幕のネタは書かれていました。
『ウソつき乙! 中島の入団は2000年秋のドラフトだったというのに!』
という声が聞こえて来そうですが、ウソじゃないよ!

中島クン幕は、もともとは中嶋聡(現・ファイターズ) 応援用のネタでした。
福岡の応援仲間がネタで言っていたアイデアを拝借しました。

中嶋聡は2002年にトレードで横浜に行き計画は頓挫しましたが、
中島裕之の方は稼頭央の後継者だ、なんて言われていましたので
「あのネタは中島裕之のほうに使えるかもしれんね」くらいに思っていました。


2003年に中島が頭角を現して背番号3をつけ、応援歌のファンファーレに
「なんてったってアイドル」が流れるようになったころ、
満を持して中島裕之の応援用に中島クン幕を作ることにしました。

とはいえ当時のライオンズ応援には「ネタ応援幕」なんてのは
ほとんど存在しませんでしたので「こんなん作っていいもんかね」
と思った記憶があります。


作成時のコンセプトとしては、下記のようなものがありました。

・2003年長野遠征での一発ネタで、すぐ捨てる
・誰が見てもアレと分かるように顔をデカく描く
・すぐ捨てちゃうから、布も安いサラシ布
・実験的に木炭粉の塗料

特に当時はあのサイズの応援幕は西武ドームでの掲揚が禁止されてましたので
監視の緩い長野で出し逃げ、的に考えていました。


実際出したところ、応援仲間や長野の方々の反応が非常に上々で (ネタがズルい)、
調子に乗って西武ドームでも出し続けました(応援ルール違反で!)。

2004年あたりになると見知らぬ人に「いつも見てます」と声をかけられるようになり
デブで一般人以下の人生を歩んできたあっしとしては
ちょっとだけいい気分でした正直なところ。
2004年の日本シリーズではドラゴンズファンの方からもたくさん声をかけて頂き
すげえ恐縮しちゃった記憶があります。


またこの頃に北海道遠征をする9ユニが 「貸してくれ」というので貸したところ、
ゲーフラ改造されて返ってきて驚きました。ガムテープベッタベタで。
そのせいで? 2004年オフに一度作り直しています。

・炭塗料の上からTシャツ塗料で塗り直し
・縫製を解いてゲーフラとして縫い直す

中島クン幕は、中島クンゲーフラとして生まれ変わりました。

また9ユニにいちいち貸すのがめんどくさいので?
同じゲーフラをもう1枚作ってくれてやりました。
同じゲーフラを2枚作るってのは、後にも先にもこれだけだと思います。
この記事は、その時の様子を記録したものでした。確か。
なお諸事情あり、最終的にはもう一枚作って3枚になっています。知ってた?

この頃になると正直「もういいだろこのネタ」と思っていましたが、
他にもネタゲーフラを作って掲揚する方が出てくるようになりましたので
その方たちが出し続けやすいように、また新しく作る方が出てくるように、
中島クンゲーフラも引き続き出し続けていました。ホントだよ!
その意味では、すんげえ手前味噌ですが、中島クンゲーフラはライオンズにおける
ネタゲーフラの先駆だったと勝手に自負しております。
実際どうだったかは分かりませんけどね。

あとまあ、以前も書きましたが、中島がどんどんすごい選手になっていった、
というのも出し続けた理由の一つです。
こんなすんげえ選手になるまで出し続けてきたので、出すのをやめたら急に
活躍できなくなっちゃった、とかは嫌だなあと。
そんなわけないんですけど。


今のレフトスタンドの中では、中島クンゲーフラはかなりレベルの低い、
見劣りするゲーフラだと思っています。
もっと出来の良い、カッコいい、笑える、そんなゲーフラがズラリ勢ぞろいしている
夢のような状況です。

中島がメジャーに行くこのタイミングは、中島クンゲーフラを引退させて
仕舞いこむのにちょうどよいタイミングなのかもしれません。
いや1年遅れかもしれませんね色々と。


あっしは 「中島クンのゲーフラの人」と呼ばれる事がいまだにあります。
それはこの10年間、ゲーフラの腕前が上がっていない証拠。
近いうちに必ずやアレ以上のゲーフラを作り、
「(新しい幕)のゲーフラの人」と呼ばれるようになってやります。

今度はライバルが多いなオイ!
スポンサーサイト

テーマ : 埼玉西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ


コメントの投稿

非公開コメント

私もなかじまくんゲーフラと
なかじまくんゲーフラの人と
一緒に写真が撮れた時は
すんごーい感激しましたよ☆

もうなかじまくんゲーフラ見れないのが
寂しいです。。

なかじまくんゲーフラ
長い間お疲れさまでした☆

No title

>>その意味では、すんげえ手前味噌ですが、中島クンゲーフラはライオンズにおけるネタゲーフラの先駆だったと勝手に自負しております。実際どうだったかは分かりませんけどね。

いや、ライオンズの応援の歴史を変えたゲーフラだと思いますよ。一昔前は「関東応連が通路に横一列に並んで、旗を同じタイミングで振る」ぐらいしか特徴がなかったでしょ。

それが「中島君ゲーフラ」で、一気に変わった。「ああ、こういうのもアリなんだ」と。戦国時代における火縄銃ぐらい影響力があったと思いますよ。

あと「猛犬注意」ね。あのへんから「ライオンズファンにも、面白い事を面白がる人がいるんだなぁ」って実感できました。

>>近いうちに必ずやアレ以上のゲーフラを作り、「(新しい幕)のゲーフラの人」と呼ばれるようになってやります。
創作意欲が全く衰えていませんね。ファンとして嬉しい限りです。

チャーリー・チャップリンの「あなたのこれまでの映画の中で最高傑作はどの作品ですか?」 と、記者に問われて彼は答えた。 『ネクスト ・ワン!』 (『次の作品さ!』) というエピソードを思い出しました。

コメント失礼します。
ライオンズファンを3年やっていて、今年人生で始めてゲーフラを作りました。きっかけは、あなた様が作られたゲーフラです。
絵心がなく、ゲーフラ作りを敬遠していた私がその気にしてくれたのは他でもない、中島くんゲーフラです。
文字がないのに、あそこまで存在感のあるゲーフラ。
そして作ったのは、レオのみをえがいたもの。あなた様も見たことあるかもしれませんね。
私にとって、ゲーフラの師匠であるあなた様を応援しています。
ありがとうございました。

No title

初めまして。貴ブログ、いつもこっそり拝見しておりました。
当方、今季まで関西の球場でライオンズを応援していた者であります。

今までビジター球場にしか行けなかった自分にとって西武ドームは最大の憧れです。
その憧れの中には中島君ゲーフラもありました。
あのようなユーモアたっぷりのゲーフラが入り乱れる、12球団1フリーダムな空間がすごく好きなのです。
「自分もあの空間にいつか好きなだけ行きたい」と思っていました。

それが活力となったこともあり、来年から関東へ移住できることになりました。
中島君ゲーフラを作って掲げてくださり、本当に有難うございました。
これからも期待しています!

長文失礼致しました・・・

No title

お久しぶりです

ナカジのメジャー行きは嬉しいやら悲しいやらで…

あのゲーフラを見て僕も作ってみようと思いました

僕も、もっと良いゲーフラ作りにチャレンジしようと思います

受験が終わってからですけど…

この記事を読んですごく感動しました!!




No title

初めまして。いつも拝見しています。

中島クンゲーフラの話をみていて、ある記憶が鮮明に蘇りました。
2008年以前(05〜06年くらいだったか、曖昧ですw)に
「めざましテレビ」のコーナーで中島が特集され、
その中で中島クンゲーフラについても取り上げられてましたね。

中島が「(ゲーフラについて)どう思いますか?」と聞かれ、
さまぁ〜ず三村風に「サザエさんの中島クンかよ!と思いました」
とニコニコしながら答えていたのが印象的でした。

このゲーフラが見れなくなるのは残念ですが、
次作にも期待しています。

No title

ライオンズファン歴が短い自分にとって外野席のナカジマ君ゲーフラは
衝撃でした

64ユニさんの初代のブログを見つけて「おおっ〜」とまたまた衝撃

あのゲーフラでますますライオンズが好きになり応援の楽しさを知りました

新しいネタ大変でしょうがメチャ期待してます

これからも楽しいゲーフラをお願いします

Re: タイトルなし

>>ぴょんさん
写真撮って頂いた方なんですね ドモドモ
いつかコーチで戻ってくる時があれば、奥から引っ張りだすかもしれませんね

Re: No title

>>雷庵博人さん
ブログいつも拝見しております。
今回はいつにも増して駄文で、正直ちょっと恥ずかしいです・・・

幸い、ライオンズにはゲーフラ職人が増えてきましたので
今更あっしのようなオッサンが頑張らなくても大丈夫だと思っているのですが、
中島の渡米を期に、またファイトが湧いてきた次第です。
ネクスト・ワン、やってやりますよ!

Re: タイトルなし

>>よっちさん
あっしのゲーフラがきっかけになってご自身のゲーフラを作られた、
これはあっしにとって最高の、最高の褒め言葉です。
レオのゲーフラ、おそらくアレだろうという心当たりがあります。
師匠なんてとんでもない、同士でありライバルです。

ぜひぜひ、今後もゲーフラ職人としての活躍を期待ております。
そしてよっちさんのゲーフラを観て、新しくゲーフラを作る人が出てきますように!
そうなればさらにライオンズの応援は盛り上がっていくと思います。

あっしも負けませんよ!

Re: No title

>>刹那さん
ありがとうございます! 関西もだんだん盛り上がってきていますよね

来年から関東ということなので、ぜひ一緒に盛り上げていきましょう!
フェンスからこっちは、我々の守備位置ですぜ!

Re: No title

>>中学生さん
ありがとうございます。受験が終わってからでもゼンゼン間に合います。
ぜひ高校1年目に、ピッカピカのゲーフラでレフトスタンドを盛り上げてくださいね。

あっしも負けませんよ。一緒に参りましょう!

Re: No title

>>アンビエさん
その話は聞いていたのですが、あっしは観ていないんですよね・・・
悔しい(笑)

引き続き頑張ります。期待してください (キリッ)

Re: No title

>>ヒトアキさん
ありがとうございます。
新ネタ、ズバーンとすごいのを漉しだしてやりますぜ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 富山の中島

>>
お返事が遅くなって申し訳ありません。
コメントに気づくのに遅れました。お許し下さい。

すぐに対応できないかもしれませんが、ぜひぜひぜひご協力したいと考えています。
フリーアドレスからでも結構ですので、adminあっとlionswiki.com まで
ご連絡頂けませんでしょうか。よろしくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 富山の中島クン

>>ジンボハラッパさん
メールは2通とも届いていまして、お返事を送っているのですが
それが届いていないっぽいです・・・
Gmail のアドレスからも送ってみたのですが、
迷惑メールフォルダなどに入っていませんでしょうか(汗)

さしつかえなければ、公開でやっちゃいましょうか(笑)
プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking