細く、深く、絶対に超えてはならない一線

他球団ネタですが、スワローズ・ジャイアンツ・ベイスターズが企画していた
「セントラル・リーグ首都圏3球団合同企画“GSDB”」開催が延期、
予定していた 「応援傘付きチケット」の発売が中止になった模様。

要は関東セ3球団の合同企画だったのですが、その中で予定されていた

(2)企画チケット「応援傘付きチケット」の販売
神宮観戦の代名詞ともいえる「応援傘」を、ビジター球団である読売ジャイアンツ応援用にも特別に制作。それぞれB指定席と合わせて販売します。

が問題になった模様。

発表直後からスワローズファンが Twitter などで
怒りまくっている様子が流れ見えていました。
スワローズファンを意識してフォローしてはいませんが・・・



個人的には、「発表自体ありえない、怒って当然、中止であたりまえ」ですハイ。
応援については穏健派ではない64さんです。
ライオンズファンの意見なんか大きなお世話だとは思いますが。
この話、実際に開催したら写真付きでクドクド語ろうと思っていまいたが
めでたく中止になりました。よかったよかった。

応援は選手への声援であると同時に、相手チームの応援との闘いでもあります。

そんなことねーよ、そんなの応援じゃねーよ、というご意見もありましょうが、
そんな方でも 「今日はビジターの応援の方が大きいじゃねえかww」 なんて
思ったことがあるんじゃないでしょうか。

同じことを「選手に」思われないようにするために、
応援ファンは相手チームの応援を超えた応援をしたいという
心理的なミッションを常に抱えているんです。
それが外野応援野郎の矜持でもあります。

ホーム球場では相手の応援を超えて当然ですし、負けたら恥なわけです。
そのための支援が球場・球団・内野ファンからも得られるという
アドバンテージが得られる球場がホーム球場であるわけです。

事もあろうに、ホーム球団がビジターチーム応援グッズを提供、
しかもホーム球団の定番応援グッズを流用、なんてのは神をも恐れぬ不届な所業で、
あっしがスワローズファンならば絶対に承服できないと思う次第ですハイ。



例えばライオンズが西武ドームのゲームで、
ビジターファン向けのビクトリーフラッグ付きチケットを販売、なんてのは
同じように許されないと思うわけです。応援野郎にとっては。
発表されたら球団事務所のドアをガンガン叩かずには居られないだろうなあと。

ビジター球団がライオンズの承諾を得てビジターファンに配るのであれば
(面白くはないですが)まあいいかな、逆も認めろよ、つかやれよライオンズ、
程度には思います。
# フラッグ応援自体はライオンズが独占的に使う応援とは思っていません。
# このあたりは機会があれば後日。

この辺りのさじ加減をライオンズが間違えるとは全く、まーったく思っていませんが、
平気でチョロッと踏み出すプロ野球団が出てきた事にちょっと驚きつつ、
ライオンズは大丈夫だろうなあ、と不安を抱かずにはいられなくなっちゃいました。

いや大丈夫だと思いますよ?
スポンサーサイト

テーマ : 埼玉西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

64ユニ

Author:64ユニ
ライオンズ応援wikiの管理人、64ユニです。

Twitter
 
最新記事
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
Google
FC2 Blog Ranking